高齢者ケアで得られるやりがいとは

介護職は一般的には介護が必要な方の、食事・排泄・入浴などの日常生活のお手伝いをする仕事です。基本的に人手不足の職種であり、求人が常にある仕事でもあります。

家族でもない方のお世話をすることは、体力的にも精神的にもきつく感じてしまうことも多いのです。人間同士の仕事になりますので、精神不安定で怒りっぽい方もいらっしゃいます。気難しい方もいらっしゃいますので、いきなり怒られたりすることも多々あります。それをストレスと感じてしまい、やめてしまう方もいます。

しかし、そんなイメージですが、大きなやりがいを感じて活躍している人もたくさんいらっしゃいます。人を支える仕事なので、他の職種に比べて人の役に立っていると実感しやすいものです。また利用者様、家族、親戚などから相談を受けることも多いので、そのたびに感謝されることも珍しくありません。直接「ありがとう」といわれたり、利用者様の笑顔をみれるといったことは、大きなやりがいを感じられる瞬間でしょう。

また、職場の仲間との絆も深まることで、「この仕事をやっていてよかった」と感じられる方もいらっしゃいます。職場の仲間と同じ目標をもって働く、人を支えている、そして利用者様の家族の一員となって問題を解決していく、といったことを踏まえれば、自分らしく活躍できれば温かく素敵な居場所になります。この仕事に就こうか悩んでいる方は、ぜひ実際にイキイキと活躍している人の声を聞いてみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です