介護職で長く活躍したいなら

近年、少子高齢化が進んでおり、介護の現場が常に人手不足になっています。そのため、経験がない人や年齢の高い人でも比較的求人が多く存在しています。また、特別な資格がなくても就職できるため、新しい仕事を探している人や専業主婦で一度も働いたことがない人などに人気のある仕事です。

資格がなくても求人が多く、就職しやすい状況ですが、もし持っていれば当然待遇が良くなります。一番取りやすいのは、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)です。この資格は、介護の基礎知識を学んだ証明のようなもので、助成金のある自治体では無料で受講できる場合もあります。無資格の場合と比べて月給が1万円近くも変わるというデータもあるので、機会があれば取っておいて損はありません。

資格を勉強して取得すれば、専門職に従事する自覚ややりがいも芽生えます。さらに上の資格もあるので、働きながら資格修得を目指すことも可能です。人は誰でも必ず老いてゆきます。自分や自分の大切な人も、いずれ体が弱り助けが必要になるかもしれません。そのような時でも、正しい知識と経験があれば、必ず役に立ちます。そうした意味でも、介護の知識を勉強することは無駄にならないのです。

この仕事で最も大事なことは、人そのものを対象にしているということです。時には、思いもよらぬ形で相手の人生に深く関わるかもしれません。排せつ介助やおむつ替えなど、体力は勿論のこと精神的にキツイ場面もたくさんあります。しかし、だからこそ人の役に立てる実感が得られ、時には「ありがとう」の一言に何物にも代えがたい喜びを感じることもできるのです。人に寄り添う仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ一度検討してみるといいでしょう。

介護職についてもっと知りたい方は、こちらの参考サイトが役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です