若者の雇用者を増やすために

介護業界の現状に関する懸念事項として、施設の不足や人材不足による需要と供給のバランス欠如が問題視されています。今後さらに増加する高齢者や介護が必要な人に対して十分なサービスが提供できない状況にあるため、供給量の不足を出来る限り早く解決しなければなりません。

その中でも特に深刻なのが介護ヘルパーの平均年齢の高齢化とヘルパー自体の人材不足です。この問題を解決するためには一人でも多くの若い世代がヘルパーに興味をもってもらうようにしなければなりません。しかし現状では、「仕事がキツくてハードワーク」や「仕事量に比べて給料がやすい」などネガティブなイメージが先行しています。こんな状態では、若い世代の人がヘルパーになろうと思い立つ事は大変難しくなってしまいます。もっと仕事のやりがいやヘルパーが担う社会の役割を業界全体でアピールする必要があります。

ヘルパーに限らず介護職は、直接高齢者の方と触れ合う仕事なので、感謝の言葉を貰ったり笑顔にふれる度に、この上ないやりがいを感じる事ができます。また将来の2025年問題など、日本が抱える社会問題を解決する社会の担い手となれることも魅力の一つです。このような魅力を、積極的にリクルート面でアピールしなければ若い世代の注目は集められません。仕事のやりがいをたくさん感じられる素晴らしい仕事であることが伝われば、若年層のヘルパーが増加し、業界全体に良い効果を生み出せるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です