厳しい現場で働き続けるコツ

介護業界は、深刻な人員不足が問題視されています。将来的な安定性の面から、若者が参入している背景もありますが、肉体的・精神的にハードな仕事についていけず離職する人が後を絶ちません。また、実際に介護業界に就職してみたものの、収入が見合わずにやめてしまうというケースも多く存在します。

では、離職率を下げるためにはどうすれば良いのでしょうか。そもそも、仕事にやりがいを感じる時は、自分がこなしている仕事に手応えを感じているかどうかによって変わってきます。介護に関しては、他の仕事に比べると特殊な仕事であり、老人や障害者の身の回りのお世話をするということが中心になってきます。そのため、お世話が好きではない人にとっては勤続することは無理でしょう。元々そういった仕事がしたいと思っている人にとっては、すぐに仕事に手応えを感じるようになるはずです。

もし介護職をずっと続けたいと思うのであれば、単に仕事をこなすのではなく、何か手応えを感じるようにアクションを起こしてみるというのが重要になってきます。続けるのが難しいと言われている業界だからこそ、自分の力を試すことができるチャンスがあるという見方もできます。そういった場に身を置くことによって、自分を成長させることができます。一つ一つの業務で自分が貢献していることにやりがいを感じていけば、仕事も続けていくことができるでしょう。些細なことでもいいので、介護という仕事の重要性に気づいていければ、きっと続けることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です